徹底解剖!自宅で簡単にできる“口臭対策”

以前に情報番組「ほんまでっかTV」でおもしろい特集を見ることができた。
それは誰もが気になる“口臭対策”である。

ひどい口臭に悩まされている人は多いものの、具体的な口臭対策や確認方法を見い出せていない。

しかし、口臭を放置することは危険。

口臭は体からの警告といわれており、体のどこかに異常がある“サイン”なのだ。

そこで今回は口臭対策を探している人を対象に、自宅で簡単にできる口臭対策をご紹介する。

スポンサーリンク

簡単に自分の口臭を確認する方法

そもそも口臭は自覚することが難しく、気がついていない人がほとんどだ。

自分ではまったく問題ないと思っていても、周囲からはひどい口臭の持ち主として噂されている可能性も・・・。

では、自覚しづらい口臭を確認するにはどういった方法を実践すべきなのだろうか。

その答えを明らかにしてくれたがの、
他でもない「ほんまでっかTV」だった。

自身が持つ口臭の確認方法はいたって簡単。

まずは以下のものを用意してほしい。

  • スプーン
  • コットン
  • 瓶(小さめでOK)

これらを用意したら、次の3ステップを実行しよう。

  1. 自身の唾液をスプーン2杯分とって瓶に入れる、
  2. 舌と歯茎をコットンで拭って瓶に入れる
  3. 水を張った鍋に瓶を入れ、一煮立ちさせる

すべて完了したら、その瓶の中身を嗅ぐだけ。
その“ニオイ”こそ、自分の口臭なのだ。

特にニオイがなかった人はセーフといえるが、「ひどい・・・」と感じた人は、口臭対策に向けたステップが必要になる。

口臭を確認する方法は簡単だったが、はたして「口臭対策」は簡単にできるのだろうか。
続いては口臭の原因と口臭対策について解説していく。

口臭は“ニオイ”によって原因を特定できる?!

口臭は身体のどこかが異常となっているサイン。
そのため、ニオイによって異常箇所もしくは原因を特定できる。

どこか甘いニオイがするなら糖尿病の疑い。
腐ったようなニオイがするなら歯周病、胃の異常が疑われる

いずれにしても、本格的に異常箇所を特定するには検査以外に方法はない。

一般的な口臭対策としては、「ガムを噛むこと」が挙げられる。しかし、これはあくまでその場しのぎに過ぎず、根本的な口臭対策にはならない。

しっかりと口臭の原因をつきとめ、正しく治療することで口臭対策が実現できるのだ。

また、口臭の原因は一概にいえない。

人によって原因や異常箇所が異なるため、まずは自身の口臭がどういった特徴を持っているのか把握する必要がある。

自宅で簡単にできる口臭対策

自身の口臭が明らかに“ひどい”とわかったら、迷うことなく病院に足を運んで頂きたい。

自己治療したところで改善される可能性は不明であり、逆効果になることもあるからだ。

そもそも口臭が大病の原因となっていた場合、一刻も早い治療をしなければならない。

たかが口臭と思うかはそれぞれの判断によるが、ひどい口臭であるなら、病院で検査を受けることをおすすめする。

口臭対策は対処療法ばかりではなく、漢方で体質改善を目指す方法もあるようだ。

自身の体調を考えながら適切な治療方針を見つけることで、口臭とおさらばできる日は必ずやってくるだろう。

なお、自宅で簡単にできる口臭対策としては、口臭対策に効果的なサプリを利用することだ。

最近は口臭対策専用のサプリが数多く販売されているが、もっともおすすめなのは「なたまめ」。

サプリなら簡単に摂取することができるし、継続することも容易。そのため、口臭レベルがさほど高くない人は、口臭対策専用のサプリで改善していくのもひとつの方法といえよう。

なお、より口臭対策を万全にするためにも、口臭対策専用サプリのほかにも、口臭対策にいいとされる歯磨き粉などにもこだわるとGoodだ。

柿渋歯磨き+なたまめ茶

虫歯を放置すると口臭はどれほどキツくなるのか?

あなたは、虫歯を放置するリスクを知っているだろうか。

状態がさらに悪化するだけでなく、口臭をも招いてしまう恐れがある。

虫歯をそれ以上悪化させないためには、できるだけ早めに歯医者へ行かなければならない。

続いては「おまけコンテンツ」として、虫歯を長い間放置するリスクと口臭について詳しく説明する。口臭対策で悩んでいる人はもちろん、虫歯と口臭の関係について知りたい方はぜひチェックしてほしい。

スポンサードリンク

虫歯放置は歯並びやかみ合わせなどにリスクが伴う

虫歯を長い間放置すると、さまざまなリスクが伴う。

例えば、菌がほかの健康的な歯に移る危険性がある。菌で腐敗している歯はもちろん、周辺にある健康的な歯まで悪影響を受けるのだ。

健康的な歯は次々と菌の餌食となり、最終的に見るも無残な歯並びになってしまう。

実際に、虫歯を長い間放置したことで歯並びが悪くなった人は数え切れない。なお、歯並びが悪くなるとそれを気にするがあまり、人と素直に話すこともできなくなる。

また、長い間虫歯を放置したことで歯が不安定になる。
歯茎も菌の影響を受けるのだ。

土台が安定していない歯はいずれ崩れることになる。そして、最後にはかみ合わせが悪くなってしまうのだ。

かみ合わせが悪くなれば、あごへの悪影響、頭痛の原因に繋がるため、十分に注意しておかなければならない。

また、食欲不振、消化不良、体調不良など、さまざまな体への悪影響も考えられる。

長期間の虫歯放置に見られる最悪なケースは、「命の危険」だ。全世界において虫歯で命を落とした人もいる。

虫歯を放置しすぎると菌が骨に悪影響をおよぼす。そして、菌に侵食された骨は炎症を起こし、臓器にまで菌がやってくることになるのだ。

そして、心筋梗塞や心内膜炎などの命に関わる病気になることも・・・。

このように虫歯の放置は命の危険性もあることを知っておかなければならない。

口臭はどれほどまで酷くなる?

虫歯を放置していると、口内には数え切れないほどの菌が増殖することとなる。

これは言うまでもなく非常に不摂生な環境だ。

そのため、汚い口内から吐き出される息はとても「臭い」。だからこそ、常に口の中を清潔に保つ必要があるのだ。

さて、虫歯があるとどれほど口臭は酷くなるのだろうか?

口臭レベルは進行状態によって異なるが、虫歯がひどく口内環境も汚い場合は、手で口元を覆いたくなるような臭いになる。

口臭が生じていることは、状態が悪化している証拠。
すぐにでも歯医者に足を運んで治療をしなければならない。

 

口臭は人へ悪い印象を与えるだけでなく、「不潔な人」とみなされてしまう可能性が高い。

口臭対策に悩み、虫歯にも悩んでいる人は、まずは虫歯治療からスタートしよう。

長期間の虫歯放置は危険!できるだけ早めの治療を

前述したとおり、虫歯を長期間放置するとさまざまなリスクが浮上する。

放置すればするほどかみ合わせや歯並び、臓器、口臭にまで悪影響をおよぼす。

「歯医者に行く時間がないから…」といい加減な理由で虫歯を放置すると、その先に待っているのは後悔のみといえよう。

また、治療が遅れるほど費用も高くついてしまう。まだ、初期症状の虫歯であれば治療費は安く済む。しかし、悪化している状態だと治療費もかさばってしまうのだ。

少しでも虫歯および口臭対策を気にするのであれば、今すぐにでも歯医者に足を運んでほしい。

ただし、虫歯の原因は人によってさまざまなので、まずはあなたの虫歯における原因を把握することからはじめよう。

言うまでもなく適切な治療をするためには原因を知らなければならない。

また、歯医者でのケアと同時に自宅でできるケアも毎日行うこと。たとえ、虫歯が完治しても再発しないように予防を徹底することが大切だ。

歯医者では正しい歯磨きの仕方を教えてくれる。虫歯や口臭を未然に防ぐためにも、正しい歯磨きの仕方をマスターしてみてはいかがだろうか。

自宅で簡単にできる方法はいくらでもある。
だからこそ、自分でできる方法は積極的に実践していこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top