「人が怖い」現状と決別!対人恐怖症の治し方

「社会不安障害」とも呼ばれている‟対人恐怖症”。

現代が生んだ障害と言っても過言ではないほどに、これにかかってしまう人々が後を絶たない。

もし、あなたが今「人が怖い・・・」と感じており、対人恐怖症になっている可能性があるなら、是非この記事を読みすすめてほしい。

今回は対人恐怖症の原因を突き止めながら、人が怖いという現状の治し方を解説する。

スポンサーリンク

20~30台に多い「対人恐怖症」の原因

人が怖い、視線が気になる、人と対面すると汗が出る・・・

これらの症状が出ているなら「対人恐怖症」である可能性が高い。

なお、近年は対人恐怖症になる方が急増しており、特に20~30代の男女に多いと言われている。中には生活に支障をきたす症状が出ている人もいるようだ。

そのため、「人が怖い」といった感情を持っている場合は、できるだけ早めに解消し、適切な治し方で取り組んでいかなければならない。

しかし、治し方ばかりを追求しても意味がない。何事も原因を追求し、それに沿った治し方を実践していくことが克服への近道だ。

それでは、「人が怖い」という感情を少しでも薄くするためにも、‟対人恐怖症の原因”を突き止めていこう。

 

対人恐怖症の原因は人によってさまざまだが、主な原因は以下のとおりだ。

・小さいころの体験
・育った環境
・性格

小さな頃に人前で恥ずかしい経験などをしていると、大人になってから「また恥ずかしい思いをするのでは…」と人前に出るのが不安になる。

また、幼稚園や保育園などの時期に、母親と離れられなかった「分離不安」の延長で‟人が怖い”と感じる人も。

ただし、対人恐怖症で最も多く見られるのは、「もとから神経質だった」、「恐怖心を持ちやすい」といったケースだ。すなわち、「性格」が関係しているのだ。

神経が敏感になっている人ほど周りを気にしすぎる傾向がある。

だからこそ、あなたもそのような傾向がないかチェックしてみてほしい。

人が怖い感情にかられる「対人恐怖症」の治し方

「人が怖い」と感じている人ほど、対人関係において「悪循環」に陥りやすくなってしまうもの。

緊張や不安から「うまくいかなかった」「コミュニケーションが取れなかった」と後悔の繰り返しで、頭を抱えてしまう人は少なくないだろう。

言うまでも、そのままでは一向に前へ進むことができないばかりか、余計に「人が怖い」と感じてしまう。

そのため、対人恐怖症の治し方の1stステップとして、「自分の感情を認めること」を実践してほしい。

「人が怖い」と不安や恐怖心を感じるのは決して悪いことではない。だからこそ、「誰だって感じているものだ」と自分が感じた不安・恐怖を少しずつ認めていこう。

「人が怖いという感情・不安・恐怖」が当たり前だと認めることで、自分自身を受け止められるようになる。

間違った治し方と言えるのが、感情をひとつひとつ拒否してしまうこと。これでは一向に対人恐怖症を克服できない。「克服したい」と思う気持ちを強く持つことが大切だ。

そして、少しずつ明るい考え方にシフトしていこう。人が怖い方はついネガティブになってしまいがちだが、前向きな気持ちで考えるように意識してほしい。

目の前にあることをひとつずつクリアする

対人恐怖症の治し方で大事なことは、「自分の感情を認めつつ、目の前にあることをひとつずつクリアしていくこと」だ。

たとえ悪い考えになったとしても、今目の前にあることを一生懸命する。たったこれだけでも気持ちが楽になり、悪循環から抜け出せるのだ。

もちろん時間がかかっても構わない。周りに影響されず、自分なりのペースで物事を成し遂げることが大切だ。

ひとつを成し遂げたという自信が、‟人が怖い”という感情を薄めていってくれる。

また、対人恐怖症になっている人は毎日鏡を見て「笑顔」の練習をすると良い。

対人恐怖症になっている人は人が怖いと会話を避け、目を合わせられない傾向にある。そのため、相手から「雰囲気が悪いな」と感じられてしまうことも。

このような勘違いをされないためにも、「笑顔」を人に向ける練習をしていこう。初対面でも笑顔を心がけておけば人間関係はスムーズにいく。

そこで、毎朝自分の顔を鏡で見てどんな「笑顔」になっているのか確認してみてはいかがだろうか。

 

また、職場や学校などで自分から積極的に笑顔で挨拶をしていこう。

自分から積極的に挨拶をする人は誰から見ても好印象。挨拶されたらもちろん笑顔で挨拶を返す。自分から挨拶をしてコミュニケーションを取ることはとても大切である。

人が怖いと感じる人でも挨拶からなら気軽にできる。徐々に挨拶で慣れていき、少しずつ会話を増やしていけば良いのだ。

このように自分のペースで少しずつ対人恐怖症の治し方を実践していこう。

スポンサードリンク

【復習&掘り下げ】5分でわかる!よく効く「対人恐怖症」対策

“あがり症”とも呼ばれている「対人恐怖症(たいじんきょうふしょう)」。

人前に出たら「呼吸ができなくなってしまう」、「極度の緊張がやってきてどうしようもなくなる」と悩んでいる人は少なくないだろう。

そこで今回は「対人恐怖症の治し方と原因」について解説する。

対人恐怖症で悩んでいる人はぜひチェックしてほしい。

原因は2つ!「外的要因」と「内的要因」

人前に出ると緊張する、顔が赤くなる、人の視線が気になるなどさまざまな症状が挙げられる「対人恐怖症」。

主に原因は「外的要因」と「内的要因」の2つ。

「外的要因」は“あること”がきっかけになって対人恐怖症になること。“あること”とは人によってさまざまだが、例えば会社のプロジェクトで人前で恥をかいたり、学校の発表会で失敗してしまったりと大勢の前でショックを受けた出来事が挙げられる。

外的要因によって対人恐怖症になってしまうのだ。

そしてもうひとつの原因である「内的要因」は不安や緊張感、震えなどが症状として現われ、自分の思い過ごしが大きな原因となっている。

他人が「自分のことを嫌な人だと思っていないかどうか」、「変に思われのでは」など、思い過ごしや勘違いが「内的要因」だ。

このように2つの原因があることを覚えておいてほしい。

 

また、自分はどうして対人恐怖症になったのか、過去の出来事を振り返るとよい。たったこれだけで原因がわかる人が多い。

原因を把握することができれば、正しい治し方と対策がたてやすくなる。

以上、悩んでいる人は最初に原因を見つけることからはじめてほしい。

実践!正しい対人恐怖症の治し方

ではどうすれば正しい対人恐怖症の治し方を実践できるのだろうか。

あなたがどのような症状を持っているかたで治し方や対策が変わってくるが、ゆっくり時間をかけていけば必ず解消することができる。

大切なのは“自分の考え方”を変えること。

対人恐怖症になっている人は以下のような共通点がある。

  • 思い込みが激しい
  • 自分は必ず失敗すると考えている
  • ネガティブ思考
  • 他人の迷惑になっていると思い込む

一般的な人がもつ考え方と比較すると、対人恐怖症の人はマイナス思考なのだ。

この考え方をプラスに変えていくことが、正しい対人恐怖症の治し方である。

「自分は普通の人間だ」、「周りの人と平等だ」、これは当たり前のこと。

そもそも人は性格も考え方がそれぞれ違う。

あなたはその中のひとりなのだ。

だからこそ、「自分は周りとは違う」、「劣っている」などと思わないように心がけてほしい。

対策のコツは「気楽に物事を考えること」

対人恐怖症の人は物事を深刻に考えてしまう傾向がある。

「他人に迷惑がかかってしまうのではないか」、「自分は他人に嫌われているのではないか」と、消極的になるのだ。

そこで恐怖対人症の治し方におけるコツとして、“物事を深く考えずに気楽になること”を実践してほしい。

つまり、気楽に物事を考えてみればいいのだ。

あなたが思っているほど他人は考えていないし、人によってはあなたのことをいい人と思っていることもある。

対人恐怖症の人はネガティブ思考になりやすいからこそ、物事を悪い方向に考えてします。だからこそ、悪循環が生まれてしまうのだ。

 

何度でもいう。
もっと気楽に物事を考えてみてほしい。

 

そうすれば自然と対人恐怖症の治し方を実践でき、人前で話すことに緊張したり、赤面することがなくなる。

とはいえ、いきなり治るというわけではない。

時間こそかかるが自分の考え方を少しずつ変えていけば、いずれ対人恐怖症は解消される。

 

焦る必要はまったくないので、自分のペースで少しずつ解消していこう。

対人恐怖症の治し方において、“時間”はとても大切なポイントになる。

まずはできることからスタートしてほしい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top